近江神宮本殿 おうみじんぐうほんでん

その他の画像全2枚中2枚表示

宗教建築 / 昭和以降 / 近畿 

滋賀県
昭和前/1940
木造平屋建,檜皮葺,建築面積53㎡
1棟
滋賀県大津市神宮町1-1
登録年月日:19981009
近江神宮
登録有形文化財(建造物)

皇紀2600年に合わせて新営された神社建築で,内務省神社局による集大成作品。設計は角南隆と谷重雄。傾斜地に対応した社殿の配置構成に特色がある。本殿は,三間社流造,檜皮葺で,棟に千木と堅魚木をあげて聖域地を明示させている。

作品所在地の地図

関連リンク

近江神宮本殿チェックした作品をもとに関連する作品を探す

近江神宮神庫
近江神宮渡廊
高宮神社本殿
近江神宮翼廊(北部)
近江神宮登廊
ページトップへ