佐紀瓦司からの進上木簡(二条大路木簡) さきのかわらしからのしんじょうもっかん(にじょうおおじもっかん)

木簡・木製品類 / 奈良 / 奈良県 

奈良県
奈良時代
長さ415mm・幅50mm・厚さ6mm
1点
奈良市

平城宮の北の平城(なら)山(やま)丘陵には奈良時代に瓦窯が操業していた。そこにあった佐紀瓦司が麻呂邸に11個に小分けされた? (しもと)(小枝)二百本を進上してきた際の木簡。このとき実際の輸送に携わったのが粟直(あわのあたい)少万呂(すくなまろ)で、この木簡を書いたのは史生の出雲某であった。瓦窯には薪用に小枝がたくさん用意されていたと考えられ、寒い時期の麻呂邸を暖めるためにも使われたのであろう。

作品所在地の地図

関連リンク

佐紀瓦司からの進上木簡(二条大路木簡)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

園池司からの進上木簡(二条大路木簡)
麻呂邸厩宿直木簡(二条大路木簡)
参河国析嶋佐米荷札木簡(二条大路木簡)
岡本宅からの酒の支給依頼木簡(二条大路木簡)
二条大路木簡
ページトップへ