精好仙台平袴地「雲渓」 せいごうせんだいひらはかまじ「うんけい」

染織 / 昭和以降 

甲田綏郎 (1929~)
こうだ よしお
平成16/2004
精好仙台平
幅40. 0
1反
文化庁分室(東京都台東区上野公園13-9)
平成16年度「日本のわざと美」展
国(文化庁)

 絹袴地の精好仙台平の技術は、江戸時代中期頃に京都から仙台に伝わったといわれ、仙台藩の保護のもとに発達した。経糸は練糸とし、緯糸は撚りのない生糸を濡らして強く打ち込むのを特色とする。こうして製織されたものは張りがあって固くなく、しなやかな独特の風合いを持ち、皺になりにくく長い年月その良さの変わらない袴地である。
 「雲渓」という名称は、作者が信州を旅行した際、高山より眼下に広がる雲海を眺めた時のイメージから名付けられたものである。

作品所在地の地図

関連リンク

精好仙台平袴地「雲渓」チェックした作品をもとに関連する作品を探す

精好仙台平
献上博多織
碧地透文羅裂地
碧地透文羅裂地

北村武資

扇文尽し文経錦丸帯
左近の桜
左近の桜

林駒夫

ページトップへ