藤原為家自筆譲状〈文永六年十一月十八日/藤原為氏加判〉 ふじわらのためいえじひつゆずりじょう

その他の美術 / 鎌倉 / 関東 

藤原為家
東京都
鎌倉/1269
1幅
東京国立博物館 東京都台東区上野公園13-9
重文指定年月日:19750612
国宝指定年月日:
登録年月日:
独立行政法人国立文化財機構
国宝・重要文化財(美術品)

播磨国越部下庄は始め為家から嫡子為氏に与えられたが、後に為家の後妻阿仏尼に為相が生まれるに及び、為家はこれを不憫に思って為氏の手から同庄を悔還して改めて為相に譲与した。第一通はこの旨を記した為家(七十二歳)自筆の悔還状であり、為氏の同意を示す加判を連署している。第二通は同庄を為相に譲去る事を記した為氏(四十八歳)自筆の避状である。両幅は鎌倉時代御子左家分立の遠因を示すとともに、同家二代の筆跡を伝えて注目される。

作品所在地の地図

関連リンク

藤原為家自筆譲状〈文永六年十一月十八日/藤原為氏加判〉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

藤原為氏自筆譲状〈文永六年十一月十八日/〉
譲状
譲状

藤原為家筆、藤原為氏署判

冷泉家文書
譲状
譲状

藤原為氏筆

続後撰和歌集〈上下/藤原為家筆〉
ページトップへ