那智滝図 なちのたきず

絵画 / 鎌倉 / 日本 

日本
鎌倉時代
絹本着色
縦160.7㎝ 横58.8㎝
一幅
東京都港区南青山6-5-1
根津美術館
国宝

熊野三所権現のひとつである飛瀧権現(ひろうごんげん)を表す、垂迹画(すいじゃくが)の名品。上方の岩峰には月輪がかかり、下方には、杉の樹幹が屋根を貫く拝殿、その傍らに大きな卒塔婆(そとうば)が表される。これが弘安4年(1281)、亀山上皇参詣の折に建立された碑伝であれば、本図の制作はそれからまもない時期となる。神体である滝のみを描いた唯一の垂迹画として、また、墨と金泥により岩壁を描写する手法などに中国宋元絵画の影響が看取される風景画として、本図は重要な作例である。

作品所在地の地図

関連リンク

那智滝図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

熊野垂迹神曼荼羅図(甲本)
熊野曼荼羅
熊野垂迹神曼荼羅図(乙本)
那智三瀑図
那智三瀑図

野呂介石

絹本著色石清水八幡宮縁起絵(伝大山崎離宮八幡利益縁起)
ページトップへ