昔語り下絵(清閑寺門)

絵画  油彩画 / 明治 / 日本 

黒田清輝
くろだせいき
1896年
油彩・カンヴァス
35.6 x 26.4cm

大作《昔語り》の制作にあたり黒田は背景にも苦心した。完成作の右手にみえる門は、高倉帝御陵であろう。在京中、数度にわたり下絵を試み、また、紅葉をみるのに再度、京都をおとずれたりしている。

作品所在地の地図

関連リンク

昔語り下絵(清閑寺門)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

昔語り下絵(清閑寺門)
《昔語り》の僧侶
《昔語り》下絵(清閑寺景)
昔語り下絵(男)
《昔語り》下絵(清閑寺景)
ページトップへ