栗拾い

絵画  油彩画 / 大正 / 日本 

黒田清輝
くろだせいき
1917年
油彩・カンヴァス
98.3 x 67.0cm

黒田が晩年に大規模な展覧会に出品した作品の多くは農作業に関わる主題を持つ。本図も自然の恵みを収穫し、肩に掲げる少女を描いており、同年の文展に出品された《赤小豆の簸分》と通ずる。1914年第8回文展出品作《其日のはて》、1916年第10回文展出品作《茶休》が焼失した現在、《栗拾い》はこうした一連の制作をうかがう一作例として貴重である。

作品所在地の地図

関連リンク

栗拾いチェックした作品をもとに関連する作品を探す

栗拾い
栗拾い

黒田清輝筆

農婦
農婦

黒田清輝

智・感・情のうち感
智・感・情のうち智
智・感・情のうち情
ページトップへ