袈裟襷文銅鐸/突線袈裟襷文銅鐸/流水文銅鐸/滋賀県野洲郡野洲町小篠原大岩山出土 けさだすきもんどうたく/とっせんけさだすきもんどうたく/りゅうすいもんどうたく

考古資料 / 弥生 / 近畿 

滋賀県
弥生
2口/7口/1口
蒲生郡安土町下豊浦6678
重文指定年月日:19870606
国宝指定年月日:
登録年月日:
滋賀県
国宝・重要文化財(美術品)

大岩山は、琵琶湖東岸、近江平野に臨んで屹立する独立丘で、過去合計二十四口もの銅鐸が、山頂及び山腹の各所から出土している。これらの銅鐸は、明治十四年出土の十四口と、昭和三十七年、土取工事で出土した十口に大別されるが、本件は後者の一括である。偶然の発見によるため、出土状態に関する正確な記録はないが、関係者等からの聴取によって、流水文銅鐸一口が山頂付近で単独に、残り九口は大・中・小型の各々三箇体ずつが三組の入れ子状に、山腹の土壙中に埋納されていたことが判明した。

作品所在地の地図

関連リンク

袈裟襷文銅鐸/突線袈裟襷文銅鐸/流水文銅鐸/滋賀県野洲郡野洲町小篠原大岩山出土チェックした作品をもとに関連する作品を探す

突線袈裟襷文銅鐸/滋賀県野洲郡野洲町小篠原大岩山出土
袈裟襷文銅鐸
袈裟襷文銅鐸
突線袈裟襷文銅鐸/滋賀県野洲郡野洲町小篠原大岩山出土
流水文銅鐸
ページトップへ