松平春嶽の手書を読みて作詩す まつだいらしゅんがくのしゅしょをよみてさくしす

 / 江戸 / 長野県 

高井鴻山
たかいこうざん
江戸以降
紙本
98.6×35.0cm

文久四年、松平春嶽の使者が小布施の鴻山宅を訪れて幕政改革に対して意見を求め、幕府への出仕を薦めた。その際、鴻山はこの詩をもって答えた。

作品所在地の地図

関連リンク

  • 高井鴻山記念館

松平春嶽の手書を読みて作詩すチェックした作品をもとに関連する作品を探す

鴻山書 送児辰二帰古国
高井鴻山書
高井鴻山書

高井鴻山

鴻山書 逢瀬竹枝
鴻山書 無有生
鴻山書 無有生

高井鴻山

鴻山書 吾悲社
鴻山書 吾悲社

高井鴻山

ページトップへ