旧平礒水底線陸揚室 きゅうひらいそすいていせんりくあげしつ

その他の画像全2枚中2枚表示

近代その他 / 昭和以降 / 中国・四国 

愛媛県
昭和前/1927
鉄筋コンクリート造、建築面積35㎡、石垣付
1棟
愛媛県西宇和郡伊方町平礒392
登録年月日:20031201
伊方町
登録有形文化財(建造物)

伊予灘に面して建ち,大分県佐賀関町からの通信用海底ケーブルを陸揚げした施設。花崗岩を精緻に布積した石垣の上に,外装ドイツ壁風,開口部に煉瓦タイル等をあしらい,入口にアーチ状の庇を配すRC造上屋を築く。半島部の近代化の一端を物語る通信施設。

作品所在地の地図

関連リンク

旧平礒水底線陸揚室チェックした作品をもとに関連する作品を探す

旧正野谷桟橋
旧三崎精錬所焼窯
佐田岬灯台
明石寺石垣及び塀
旧大正林道柿ノ木サコ橋
ページトップへ