黄地御殿柄一玉ムルドゥッチリ衣裳 きじうどぅんがらひとたまむるどぅっちりいしょう

染織 / 昭和以降 

宮平初子 (1922~)
みやひら はつこ
平成10/1998
首里の織物(ムルドゥッチリ(諸取切))
丈154.4  裄71.5
1領
文化庁分室(東京都台東区上野公園13-9)
国(文化庁)

 ムルドゥッチリは「首里の織物」の7種の技法の一つで、経緯の総絣の意味。デザインは御絵図柄を参考にし、独自にミジグム(水雲)の絣文様を加えている。
 染色には、沖縄で伝統的に使用されてきた染料を用いており、地色の黄はフクギの大木の樹皮を使用している。黄色地は、王家の色とされており、尚王家伝来品の中に類似のものがある。「首里の織物」の伝統を受け継ぐ、作者ならではの作品である。

作品所在地の地図

関連リンク

黄地御殿柄一玉ムルドゥッチリ衣裳チェックした作品をもとに関連する作品を探す

首里の織物
木綿紺地格子に経緯絣カジマヤー文様花織帯地
久米島紬着尺 島糸 井絣・十字絣・ヒチサギ
紅型両面着物「雪輪に蝶々草花模様」
木綿紺地格子に経緯絣カジマヤー文様花織胴服
ページトップへ