木造地蔵菩薩立像 もくぞうじぞうぼさつりゅうぞう

彫刻 / 平安 / 関東 

東京都
平安
1躯
東京都港区南青山6-5-1
重文指定年月日:20030529
国宝指定年月日:
登録年月日:
公益財団法人根津美術館
国宝・重要文化財(美術品)

 等身の地蔵菩薩像で、針葉樹材(ヒノキか)の割矧【わりはぎ】造になり、表面は錆下地黒漆塗、彩色仕上げとする。構造は頭頂から足〓までを、両腕を含み一材より彫出、両耳後ろを通る線で前後に割矧ぎ内刳(裙底面に抜ける)を施す。両手首先を矧ぐ。彩色は肉身部を白色とし、衣部には各種文様が施されるが、いずれも中世に塗り直されたものである。また右手首先、両足先が後補になり、光背は元来天蓋であったものの転用かとみられるが、台座は製作当初のものである。
 近年、像内に久安三年(一一四七)の造立銘が存在することが明らかになり、本像は平安後期の基準作例として注目されるに至った。像内銘には白衣弟子源貞兼および結女日下部氏を願主として、仏師僧快助によって造立されたことが記される。白衣弟子とは在家信者、結女は夫人のこととみられ、いずれも平安後期の造像銘記や経奥書等に散見する用語である。国有(文化庁保管)阿弥陀如来坐像(重文)は銘文により、同じく久安三年に、源貞兼と同一人物とみられる源貞包および結女日下部氏を願主として造立されたことが知られ、またそこには本像のものと共通する文言および人名が見られる。その作風は、国有像の面部が本像に比べ扁平であるなど多少の相違も見られるものの、その目鼻立ちの形や両胸を膨らませる肉付の仕方、浅く鎬を立てた衣文の彫法などがよく似ており、構造技法の点でも本像が両肩外側部まで、国有像では両膝奥まで含んで大きく木取し、前後に割矧ぐことが共通する。等身像である本像は半丈六になる国有像の脇侍としてふさわしく、両像はおそらく、平安末から鎌倉時代にかけてしば…

作品所在地の地図

関連リンク

木造地蔵菩薩立像チェックした作品をもとに関連する作品を探す

地蔵菩薩立像
木造十一面観音菩薩立像
大日如来坐像
木造地蔵菩薩立像
木造地蔵菩薩立像
ページトップへ