平安神宮 應天門 へいあんじんぐう おうてんもん

宗教建築 / 明治 / 近畿 

京都府
明治/1895
建築面積132.20平方メートル、二階二重門、入母屋造、本瓦葺
1棟
京都府京都市左京区岡崎入江町、岡崎西天王町
重文指定年月日:20101224
国宝指定年月日:
平安神宮
重要文化財

 平安神宮の建築は、明治28年、平安遷都千百年紀念祭・第9回内国勧業博覧会の会場施設として平安宮大極殿院を模して計画された。並行して背後に桓武天皇を祀る本殿が建てられ、竣工とともに神社施設とされた。
 全国からの募金により建設され、設計は宮内省技師木子清敬及び帝国大学大学院生伊東忠太、施工は清水組による。
 平安神宮の建築は、古代建築の知見と京都の建築技術を集積し、古代を指向した独特の建築空間を形成し、高い意匠的価値が認められる。また、京都の建築的伝統を支えた事業のひとつとして、歴史的にも重要である。

作品所在地の地図

関連リンク

平安神宮 應天門チェックした作品をもとに関連する作品を探す

平安神宮 大極殿
平安神宮 東西歩廊(西歩廊)
平安神宮 東西歩廊(東歩廊)
平安神宮 蒼龍楼
平安神宮 白虎楼
ページトップへ