大瀬の太鼓踊 おおぜのたいこおどり

その他の画像全8枚中8枚表示

無形民俗文化財 / 近畿 

選択年月日:19781208
保護団体名:大瀬の太鼓踊保存会
備考:所在地が同一都道府県内のもの(このデータは種別1から移行しています)
記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財

 この区内の馬頭観音堂の境内で踊られる風流踊の一種である。締太鼓を白布で首から吊るした男の太鼓打ち三人が中央に立ち、そのまわりを扇子を手にした男女の踊り手が取り巻き、外側に立つ音頭取りの歌につれてさまざまに踊る。昔、十津川筋から伝来したとの伝えもあるが、「お寺通い」「お茶摘み」「お庭参り」「かまくら」「毛一夜殿御」「伊勢踊」「もりや様」「しんのび」など古風な小歌を盛り込んだ踊り歌が多数あり、踊りの振りは多彩である。
 盆の風流踊の古態をよくとどめていて地方的特色が顕著なものである。

関連リンク

大瀬の太鼓踊チェックした作品をもとに関連する作品を探す

大村の寿古踊
本地の花笠踊
大宮踊
大村の沖田踊
西祖谷の神代踊
ページトップへ