遊佐の小正月行事 ゆざのこしょうがつぎょうじ

その他の画像全4枚中4枚表示

無形民俗文化財 / 東北 

指定年月日:19991221
保護団体名:遊佐のアマハゲ保存会
備考:公開日:毎年1月1日(滝ノ浦)、3日(女鹿)、6日(鳥崎)(※指定当時・お出掛けの際は該当する市町村教育委員会な…
重要無形民俗文化財

 この行事は、遊佐町の女鹿・滝ノ浦・鳥崎の3地区に伝承される小正月の行事で、アマハゲと呼ぶ来訪神が各家を訪問するほか、鳥追いやホンテ焼きなどの行事も行われる。
 アマハゲは、ケンダンを着て赤鬼や青鬼などの面をつけた若者が各家を訪問して餅を配る。鳥追いは、ヨンドリ・ヨナカドリ・ヨアケドリ・アサドリの4回行われ、太鼓に合わせて鳥追い唄を歌いながら集落内をまわる。ホンテ焼きは、門松や注連縄などとともにケンダンを焼く行事である。(※解説は指定当時のものをもとにしています)

関連リンク

遊佐の小正月行事チェックした作品をもとに関連する作品を探す

遊佐のアマハゲ
上郷の小正月行事
男鹿のナマハゲ
吉浜のスネカ
五十猛のグロ
ページトップへ