三島のサイノカミ みしまのさいのかみ

その他の画像全4枚中4枚表示

無形民俗文化財 / 東北 

指定年月日:20080313
保護団体名:三島町年中行事保存会
備考:公開日:毎年1月15日前後(※指定当時・お出掛けの際は該当する市町村教育委員会などにご確認ください)
重要無形民俗文化財

 三島のサイノカミは、五穀豊穣や無病息災、厄落としなどを祈願して行われる小正月の火祭りである。町内の宮下、桑原、大登、川井、桧原、滝谷、名入、滝原の各地区と、西方地区の13か所で行われる。
 雪踏みをして作った会場に、山から切り出した神木を運び、これに各家から集めた正月飾りなどをつけて立て、夜になると燃やすもので、この作り物もサイノカミと呼ぶ。雪踏みや正月飾りを集めるのは子どもたちの仕事で、神木の提供やサイノカミの点火などは厄年の男性が行うことが多い。
 厄落としのため、厄年の男性によるミカン撒きや村人が厄年の男性を担いで燃え盛るサイノカミの周囲をまわる行事も行われる。また、サイノカミの燃え方で豊凶を占ったり、この火にあたったり、餅などを焼いて食べると病気をしないなどともいう。(※解説は指定当時のものをもとにしています)

関連リンク

三島のサイノカミチェックした作品をもとに関連する作品を探す

邑町のサイノカミ
阿月の神明祭
酒津のトンドウ
鳥羽の火祭り
六郷のカマクラ行事
ページトップへ