小林家住宅主屋 こばやしけじゅうたくしゅおく

その他の画像全2枚中2枚表示

住居建築 / 明治 / 北海道 

北海道
明治/1901/1930増築
木造2階建及び木造平屋建、鉄板葺、建築面積355㎡
1棟
北海道夕張郡栗山町錦3-109
登録年月日:20061018
登録有形文化財(建造物)

敷地南寄りの中央に建ち,桁行9間,梁間6間の規模で,木造2階建,入母屋造,鉄板葺とし,北側東寄りに2階角屋を延ばし,西側に離れ及び内蔵を続ける。外壁は押縁付下見板張,2階窓に庇を設ける。室内の造作は丁寧なつくりで,規模,意匠共に秀でる。

作品所在地の地図

関連リンク

小林家住宅主屋チェックした作品をもとに関連する作品を探す

小林酒造二番蔵
小林酒造旧ビール庫・缶詰資材庫(大正・昭和の暮らし館)
小林酒造一番蔵
小林酒造五番蔵
小林酒造六番蔵
ページトップへ