日の出山瓦窯跡 ひのでやまかわらがまあと

史跡 / 東北 

宮城県
加美郡色麻町
指定年月日:19760331
管理団体名:色麻町(昭51・4・16)
史跡名勝天然記念物

 奈良時代に陸奥国を経営し、開拓を北に進めるため、多賀城を扇の要として諸城柵や寺院が宮城県の北方に造営されている。これらの諸遺跡の調査は、遺瓦により進められた所が大であるが、今までのところ、奈良時代前半期の造営に伴って使用された瓦の窯跡は、多賀城周辺にはなく、北方の大崎平野の周辺の丘陵部にしか発見されていない。木戸瓦窯跡、大吉山瓦窯跡、日の出山瓦窯跡がそれである。これらの瓦窯跡からは重弁蓮花文軒丸瓦、重弧文軒平瓦、重弁蓮花文棟端飾板や丸・平瓦が検出されているが、この瓦の笵型は各瓦窯跡で非常に近似してはいるが別々の笵型を用いていることがわかっている。
 日の出山瓦窯跡は大崎平野の南辺にあり、5地点で瓦窯が知られているが今回はそのうちのA地点を指定するものである。この地点では、窯は丘陵の南斜面に7基存在し、6基は瓦を焼成しているが1基だけは須恵器を主に焼成している。窯は地下式の無段窖窯である。各窯はいずれも地山を掘り下げて前庭部を設け、地山に窯体を掘り抜いたもので、素掘りの焚口、平坦な燃焼室、傾斜のゆるい焼成室があり、奥に垂直に立ち上る煙道をもつ。窯の全長は5メートル強、幅・高さともに1メートル内外を計る。焚口から前庭部下方に排水溝を設けているものが多い。本瓦窯焼成の瓦は、南方25キロメートルの多賀城跡や多賀城廃寺跡、西北約8キロメートルの菜切谷廃寺跡等から出土している。
 木戸瓦窯跡は大崎平野の北辺にあり、地下式の窖窯が7基確認されている。本瓦窯焼成の瓦は南方40キロメートルの多賀城跡や多賀城廃寺跡から発見されている。
 大吉山瓦窯跡は大崎…

作品所在地の地図

関連リンク

日の出山瓦窯跡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

赤保木瓦窯跡
城生柵跡
吉志部瓦窯跡
七尾瓦窯跡
船迫窯跡
ページトップへ