琉球村旧大城家住宅主屋 りゅうきゅうむらきゅうおおしろけじゅうたくしゅおく

住居建築 / 江戸 / 沖縄 

沖縄県
江戸/1830-1867/1982移築
木造平屋建、瓦葺、建築面積102㎡
1棟
沖縄県国頭郡恩納村字山田1130
登録年月日:20070515
多幸山株式会社
登録有形文化財(建造物)

首里士族の家系で,琉球王府の大臣職を務めた与那原家が首里に建設。桁行7間,梁間3間半規模,寄棟造,赤瓦葺の木造平屋建で,東方に各6畳の一番座と二番座とを並べ,その北方に裏座,西方には三番座と台所を配す。東面と南面の雨端を土庇状とするのが特徴。

作品所在地の地図

関連リンク

琉球村旧大城家住宅主屋チェックした作品をもとに関連する作品を探す

琉球村旧島袋家住宅主屋
琉球村旧玉那覇家住宅主屋
琉球村旧比嘉家住宅主屋
旧國場家住宅主屋
金城増治家住宅主屋
ページトップへ