梨子地吉野山水蒔絵料紙箱 なしじよしのさんすいまきえりょうしばこ

その他の画像全4枚中4枚表示

工芸  漆工 / 江戸 / 日本  九州  佐賀県 

江戸時代
木製 漆塗 蒔絵 方形 合口造
竪41cm 横32cm 高14.5cm
1合
佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
財団法人鍋島報效会

長方形、印籠蓋造の料紙箱。蓋表に桜の咲く吉野山の山並みと流れる川を表し、蓋裏に桜の咲く山間から勢いよく流れ落ちる滝を大きく表している。蒔絵は、山、岩山に漆下地の高上げを行い、その上に切金を置き、金青金の暈蒔きの高蒔絵を行っている。蓋裏の滝には銀の蒔絵、樹木と桜花に金銀青金の高蒔絵、空に平目の薄蒔きをそれぞれ行う。

作品所在地の地図

関連リンク

梨子地吉野山水蒔絵料紙箱チェックした作品をもとに関連する作品を探す

梨子地稲穂蒔絵硯箱
梨子地笹蒔絵文台・硯箱・梨子地菊流水蒔絵料紙箱
黒漆塗花枝円文蒔絵五段重
菊蒔絵手箱
梨子地秋野蒔絵硯箱
ページトップへ