金山古墳 かなやまこふん

その他の画像全5枚中5枚表示

古墳 / 近畿 

大阪府
南河内郡河南町
指定年月日:19910215
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

葛城山地の西側に源を発する小河川は、いくつもの狭い河谷平野を形成し、大和川に流入する。芹生谷の地は、葛城山地西麓と富田林市南方に連なる丘陵との間にはさまれた東西一キロメートル、南北約四キロメートルあまりの中位段丘の小台地で、谷の西方に沿って千早川、ほぼ中央部に梅川が北流する。
 金山古墳は、この台地状をなす谷の奥部に築造された二つの円丘からなる双円墳である。小字名を「墓添」と称し、古くから墓として守られてきたため、保存状態は極めて良好である。昭和二十一年、大阪府教育委員会により北丘部分の実測調査が実施され、すでに盗掘を受けていたが、横穴式石室と、その内部に置かれた縄掛突起を有する二基の刳抜式家形石棺を確認し、世の注目を集めるところとなった。
 墳丘は、ほぼ南北に並ぶ大小二つの円丘を並列させた形で築造された双円墳である。この二つの円丘のうち、南側のものは大きく東西径四四・八メートル、高さ八・二メートル、北のものはやや小さく東西径三〇・九メートル、高さ七・二メートルを測る。両丘を合わせた墳丘の主軸長は七七・九メートルとなり、ほぼ両丘の直径の和に等しい。南北両丘には、外表施設として葺石が認められる。墳丘の外周には、周辺の土地より一段低い水田が一二メートル前後の幅でめぐっており、両円丘に共通した周濠のなごりと思われる。
 北丘には、南向きに開口する巨石を用いた横穴式石室が築かれ、玄室と羨道とに二基の家形石棺が安置されている。羨道入口部分は土礫の中に埋まっているため、測りうる石室の全長は一〇・〇六メートル、玄室長三・八〇メートルである。これに対し、…

作品所在地の地図

関連リンク

金山古墳チェックした作品をもとに関連する作品を探す

箕谷古墳群
大室古墳群
水泥古墳
私市円山古墳
大野窟古墳
ページトップへ