旧大岡寺庭園 きゅうおおおかじていえん

名勝 / 近畿 

兵庫県
豊岡市大岡寺東西
指定年月日:19890922
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

大岡寺は、標高664メートルの大岡山の山頂近く(標高520メートル付近)い位置する。大岡山は但馬地方の豪雨地帯にあり、昭和42年、積雪の不便さから部落が麓の平地に集団移転したのを受けて寺の建物を順次下山移転し、現地にはいま、堂舎の基壇・礎石と庭園が残るのみとなっている。
 大岡寺の由緒については明確なことはわからないが、大岡山については『3代実録』貞観10年(868)に「但馬国正6位大岡神」に従5位下を授ける記事があり、また、永暦2年(1161)の「注進大岡寺敷地山林事」には惣寺内・4至を示した後、本仏薬師堂・地主大岡社・客人白山社等があったことが記され但馬地方の古刹であることが知られる。
 中世大岡寺は12坊の別院を有し大伽藍を形成していたが、明応4年(1495)北の坊より出火し一山が烏有に帰した。明応9年(1500)本堂を再建し、本尊薬師如来を安置して一応の復興をみた。その後天和3年(1683)に現本堂が再建されたことが棟札により明らかとなり、庫裡もこの頃併せて建設されたと伝えられる。
 庭園は庫裡書院の東庭として作られており、池は東西に細長く北岸中央部に湾入して滝を配する山裾の地形を利用した池泉庭園である。滝石組・護岸には巨石を用いて豪快な石組である。また、池には2つの岩島をおき、東の島には細長い石橋を架け渡していた。滝石組上部には平坦面が形成され、白山権現社拝殿が建っていた。
 庫裡跡から庭園を眺めると主要部の滝石組が見えず、天和の改修以前、明応の再建に伴って作庭されたものと考えられる。旧大岡寺庭園は、巨石を多く用いて豪快であり、…

作品所在地の地図

関連リンク

旧大岡寺庭園チェックした作品をもとに関連する作品を探す

旧梶村氏庭園
保国寺庭園
金剛輪寺明壽院庭園
光前寺庭園
梅田氏庭園
ページトップへ