小早川氏城跡
 高山城跡
 新高山城跡
 三原城跡
こばやかわししろあと
 たかやまじょうあと
 にいたかやまじょうあと
 みはらじょうあと

城跡 / 中国・四国 

広島県
三原市高坂町・館町・本町・城町豊田郡本郷町
指定年月日:19571211
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

小早川氏城跡
小早川氏はその祖土肥遠平が沼田荘の地頭となってから、代々これを継ぎ、逐次この地方に勢力を得て来た。小早川性は景平のときに始まるといわれ、その沼田に土着した時期は詳でないが、既に南北朝時代には城郭を築き土豪として重きをなし、その居城を中心とする諸般の開発も見るべきものがあったようである。
かくていわゆる戦国時代の末に至り、小早川隆景は、この沼田を去って三原に築城したのであるが、これらの城跡は山間の要害をたのんでいた豪族が海陸の要衝に移って行く様相を一貫して示すものであり、更にそれぞれの特徴ある城構と相俟って歴史上価値ある遺跡と認められる。
妻高山城跡
沼田川の左(東)岸に聳える古高山の頂上部に営まれた山城であって、視野広く、沼田の平地部を眼下に俯瞰することができる。頂上部を南方より北方に向って貫く御殿と称せられる凹地を中に挾み、西側に狹長な削平地が延びていてそれぞれ郭が作られている。北方には北の丸、戸石丸、本丸、扇丸等が空堀を以て隔てつつ、一列に並んでいて、本丸の崖の中腹に若宮社の跡がある。南方も同様に太鼓丸千疊敷、南の丸、犬の丸等の諸郭が一列に配列されているが、南北各郭とも通じてよく旧規を止めており、御殿には井戸が存する。
これら郭の配置と形態は、南北朝時代の妻高山城に当るものであり、山容もその名にかなうものである。また若宮はいま他に移転しているが、長享2年の古文書に「当城若宮」とあるものに当る。後に高山城跡と名称変更している。
高山城跡
小早川雅平の時に築かれたものといわれるが、恐らく中世の末に至って構築されたものなるべ…

作品所在地の地図

関連リンク

小早川氏城跡
 高山城跡
 新高山城跡
 三原城跡
チェックした作品をもとに関連する作品を探す

高知城跡
津軽氏城跡<BR/> 種里城跡<BR/> 堀越城跡<BR/> 弘前城跡
白旗城跡
彦根城跡
都於郡城跡
ページトップへ