豊平館 ほうへいかん

近代その他 / 明治 / 北海道 

北海道
明治/1880
木造、建築面積528.8m2、二階建、亜鉛銅板葺
1棟
北海道札幌市中央区南一一条西四丁目中島公園内
重文指定年月日:19640526
国宝指定年月日:
札幌市
重要文化財

 豊平館は設計を開拓使工業局営繕課が担当し、明治12年(1879)に起工、翌13年(1880)竣工した。昭和32年中島公園内に移築し、周囲の環境も整備されて保存活用されている。
 建物は、木造総二階建で、翼屋の両端を前後にわずかに突出され正背面に切妻をみせる。内部は一、二階とも中央部にホールをとり、その西側を広間や食堂とし、東側は中廊下をはさんで客室とする。
 豊平館は、開拓使の手になる本格的洋風建築の遺構であり、北海道における明治時代洋風建築の代表作である。

作品所在地の地図

関連リンク

豊平館チェックした作品をもとに関連する作品を探す

旧開拓使工業局庁舎
旧札幌農学校演武場(時計台)
豊平館
遺愛学院(旧遺愛女学校) 旧宣教師館
旧旭川偕行社
ページトップへ