船迫窯跡 ふなさこかまあと

史跡 / 九州 

福岡県
築上郡築上町
指定年月日:19990128
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

船迫窯跡群は,英彦山系から北へ延びる支脈に連なる丘陵北端に位置する。昭和35〜45年頃の分布調査により広く存在が知られていたが,県営圃場整備事業に伴う平成6年度以降の発振調査により,須恵器窯跡や瓦窯跡・工房跡等が確認されたため、圃場整備地区から除外され保存されることとなった。
 遺跡は茶臼山東窯跡,堂がへり窯跡,堂がへり遺跡からなる窯跡群であり,大字名をとって船迫窯跡群と総称している。なお,既に失われているが,宇土窯跡もこの窯跡群に含まれる。茶臼山東窯跡は丘陵斜面に5基の窯があり,1〜3号窯と5号窯が6世紀後半の須恵器窯で,4号窯が7世紀中頃に須恵器と瓦を焼成した兼業窯である。いずれも地下式ないし半地下式の窖窯とみられる。茶臼山東窯跡の東方約200mの丘陵には、4基の窯からなる堂がへり窯跡がある。斜面中腹に構築された1・2号窯
では8世紀後半に豊前国分寺所用瓦を焼成し,裾部の3・4号窯でほ6世紀末から7世紀初頭に須恵器を,7世紀後半に瓦を焼成している。いずれも地下式の窖窯である。2号窯はいわゆる有階有段床式で全長10mあり,燃焼部側壁を貼り直している。 4号窯は全長9.6m,いわゆる無階有段床式で,前庭部は広く平坦な作業面となっている。
 堂がへり遺跡は堂がへり窯跡の北に広がる平坦面に設けられた工房跡である。6世紀末〜7世紀初頭の遺構には、粘土溜めと考えられる長径4m前額の楕円形の土坑などがあり,堂がへり3・4号窯での須恵器生産に関連するとみられる。8世紀後半の遺構は豊前国分寺所用瓦製作工房と考えられ,桁行10間(約30m),梁間・2間(約6m)の身舎に南北に庇の付く大型の掘立柱建物2棟などがある。2棟の…

作品所在地の地図

関連リンク

船迫窯跡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

小杉丸山遺跡
日の出山瓦窯跡
赤保木瓦窯跡
牛頸須恵器窯跡
七尾瓦窯跡
ページトップへ