大朝のテングシデ群落 おおあさのてんぐしでぐんらく

天然記念物 / 中国・四国 

広島県
山県郡北広島町
指定年月日:20000906
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

テングシデ(Carpinus tschonoskii Maxim. var. torta Horikawa)は枝條の屈曲が著しく,枝がしだれるイヌシデの変種で,昭和14年に調査を行った堀川芳雄博士が廣島縣史蹟名勝天然紀念物調査報告第5輯(昭和17(1942)年)において変種として命名した。堀川は,この形質は病的なものでなく,健全で立派にその形質を固定したもので,世界中でただこの地方だけに生じているものと記した。
 生育地は大朝町にある熊城山の南東斜面下部の標高約650mに位置し,落葉広葉樹を主体とする二次林である。大朝町では,平成8・9年度に「大朝町の天狗シデの現状調査」(委員長:関太郎,広島大学理学部教授)を実施した結果,約0.5haの中に,大小90本のテングシデが生育し,胸高直径10cm以上の個体が36本,周囲2m以上の大径木も10本が確認された。さらに,稚樹にも独特の形質を備えたものもみられ,幼個体から成木までほぼ途切れることなく生育しており,種子による世代交代により次世代が維持されていると考えられている。現在の成育状況は良好で,定期的な下刈り等も行われ,テングシデと競合するような種の生育が押さえられている。
 また,幹が曲がりくねるなどの特徴は,土質や気象条件等の環境の影響ではなく,突然変異による形質が遺伝的に固定されたもので,このような性質を持つ樹木の群生は,長野県等に分布するシダレグリ(国天然記念物)程度であり,シデ類では他に例をみない。
 テングシデについての古文書等の記録は見られないものの,民間伝承としては残されており,テングシデに対する畏敬の思いと,木を損なう行為に対するタブーとにより,テング…

作品所在地の地図

関連リンク

大朝のテングシデ群落チェックした作品をもとに関連する作品を探す

田島ヶ原サクラソウ自生地
大和浜のオキナワウラジロガシ林
札内川流域化粧柳自生地
甲原松尾山のタチバナ群落
野幌原始林
ページトップへ