二王清長 脇差 におうきよながわきざし

金工 / 室町 / 香川県 

清長
きよなが
香川県高松市
室町時代/14~15世紀
刀身74.0 刃長60.0
1
香川県高松市
小柄は柳川直春の作
香川県立ミュージアム

清長は周防国で活躍した大和伝系の刀工。本作は「二王清長」の四字銘を切り、裏に元禄3年の截断銘が金象嵌で入る。地鉄は板目流れごころにやや肌立ち、匂口のやや深い直刃を焼いている。後彫になるが、表に「殺人劔」の文字を彫り、腰樋を掻き流している。讃岐国東部12万石を治めた高松松平家の伝来品。

作品所在地の地図

関連リンク

二王清長 脇差チェックした作品をもとに関連する作品を探す

太刀 銘(延寿)国信 太刀
脇差 銘粟田口一竿子忠綱彫同作
脇指 銘同作彫之長曽祢興里虎徹入道
刀 銘 九州肥後同田貫上野介
刀 銘 讃州住盈永
ページトップへ