旧吉真家住宅(旧所在 岐阜県吉城郡河合村) きゅうよしざねけじゅうたく

住居建築 / 江戸 / 中部 

岐阜県
江戸中期/1701-1800
桁行13.9m、梁間9.4m、入母屋造、茅葺、南面下屋附属、板葺
1棟
岐阜県高山市上岡本町一丁目590番地飛騨民俗村構内
重文指定年月日:19770627
国宝指定年月日:
高山市
重要文化財

床がきわめて低く、もとは居間が土座(1)と推定されること、 股柱(2)を五本も使っていることなどきわめてよく古風を伝えた農家である。平面や外観は富山県のものと、また構造は福井県のものと共通するところがあって民家の地域性が知られる。昭和四十六年飛騨民俗村に移築された。
 (1) 土座 床板を張らず、土間の上に籾殻を敷き、その上にムシロを敷いたものをいう。
 (2) 股柱 枝の分れを利用して高さのちがう桁や梁を二か所で同時に受ける柱。

作品所在地の地図

関連リンク

旧吉真家住宅(旧所在 岐阜県吉城郡河合村)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

旧若山家住宅(旧所在 岐阜県大野郡荘川村)
旧田中家住宅(旧所在 岐阜県高山市冬頭町)
旧田口家住宅(旧所在 岐阜県益田郡金山町)
旧橋本家住宅(福井県大野市宝慶寺)
旧下木家住宅(旧所在  徳島県美馬郡一宇村)
ページトップへ