中央アジアにおける後期古代仏教文化 新しい絵画III/樹木神

絵画  東洋画(日本画を除く) / 中国 

Waldschmidt, Ernst
中国・キジル
約500
壁画断片
31x43cm
1枚
所蔵:東洋文庫

樹木神カタログ番号IB 9i48b。断片のサイズ:31×43cm。発掘場所:キジル「画家の石窟」。年代:西暦500年頃。「画家の石窟」の発見とその状況については上記21ページに記載されている。我々の絵は、今日ベルリンにある2つの説教の場面の詳細を伝えている。断片:様式化された葉を付けた木の頂に、上品な男性の外貌をした樹木神の上半身が見える。これに類似した樹木神の表現はガンダーラの塑像によって知られており(たとえば第1巻図153参照)、東トゥルキスタンでも見られる(図22参照)。神の上半身は肩と腕を覆っているショールを除けば裸であるが、腕、胸、首、そして誇張された耳たぶは豊富な装身具で飾られている。

作品所在地の地図

関連リンク

中央アジアにおける後期古代仏教文化 新しい絵画III/樹木神チェックした作品をもとに関連する作品を探す

中央アジアにおける後期古代仏教文化 壁画の図解/海馬石窟から出土した断片
中央アジアにおける後期古代仏教文化 壁画/壁画の断片
中央アジアにおける後期古代仏教文化 壁画の図解/1ページ
中央アジアにおける後期古代仏教文化 新しい絵画II/1ページ
中央アジアにおける後期古代仏教文化 新しい絵画/丸天井の天頂帯に描かれた太陽神
ページトップへ