紺紙金字大智度論〈巻第十一〉(神護寺経) こんしきんじだいちどろん まきだいじゅういち じんごじきょう

文書・書籍 / 平安 

平安時代後期
25.9×1137.3
1巻
文化庁分室 東京都台東区上野公園13-9
国(文化庁)

神護寺に伝来する紺紙金字一切経と一具。大智度論は龍樹が著した大般若経の注釈書。巻頭に伝来を示す「神護寺」朱印が捺されている。神護寺経は鳥羽天皇の勅願により制作され、後白河法皇が寄進したと伝えられている。神護寺経は平安王朝の紺紙金字の優品として貴重である。

関連リンク

紺紙金字大智度論〈巻第十一〉(神護寺経)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

紺紙金字大方等頂王経(神護寺経)
大智度論(神護寺経)
大般若経 巻第三百四十五(神護寺経)
仏説大安般守意経(神護寺経)
経帙
ページトップへ