新上五島町北魚目の文化的景観 しんかみごとうちょうきたうおのめのぶんかてきけいかん

その他の画像全4枚中4枚表示

文化的景観 / 九州 

長崎県
長崎県南松浦郡新上五島町
選定年月日:
管理団体名:
重要文化的景観

 五島列島最北部に位置する中通島(なかどおりじま)では,沿岸部の浸食地形に立地し漁業を主な生業とする集住(しゅうじゅう)形態の集落と,地滑り地形による比較的緩やかな斜面地に立地し主に農業を営む散村(さんそん)形態の集落といった対照的な集落形態が形成されている。
 越前や紀州から移住してきたとされる漁民は,加徳(かとく)と呼ばれる世襲制の漁業権を有し特権的に漁を行ってきた。現在は津和崎(つわざき)・小瀬良(こぜら)・立串(たてくし)の3集落において,定置網による沿岸漁業を中心に多様な魚種を捕獲している。
 一方,農業集落は,江戸時代後期に農地開拓・食糧増産のため主に大村藩より農民が移住したことに起源を持つ。開拓を効率的に行うため,イエワカレと呼ばれる独特の相続慣行により,居住地や農地を広げてきた。現在も主に甘藷(かんしょ)が栽培されており,収穫された甘藷は薄く輪切りにしたカンコロに加工される。カンコロの乾燥には木や雄竹(おだけ)で作られたヤグラが用いられ,ヤグラに隣接してカンコロを茹(ゆ)でるジロが設置される。自家消費用の甘藷はそのまま家屋の地下に設けられたイモガマに保存するなど,甘藷の栽培から加工・保存まで一連の生産に関わる施設が各戸単位で形成されている。
 このように新上五島町北魚目の文化的景観は,厳しい地形条件に適応し,農村及び漁村という対照的な形態をなす集落による価値の高い文化的景観である。

作品所在地の地図

関連リンク

新上五島町北魚目の文化的景観チェックした作品をもとに関連する作品を探す

新上五島町崎浦の五島石集落景観
五島市久賀島の文化的景観
長崎市外海の石積集落景観
佐世保市黒島の文化的景観
佐渡西三川の砂金山由来の農山村景観
ページトップへ