逗子五景 ずしごけい

油彩画 / 明治 / 日本 

黒田清輝 (1866-1924)
くろだせいき
ca. 1898
油彩,板
23.9×32.3
神奈川県立近代美術館

三浦半島の逗子を流れる田越川(たごえがわ)は、相模湾にそそいでいる。1893年、フランス留学から帰国した黒田は1898年1月から約半年ばかり逗子に滞在し、この田越川河口付近の風景を描いた。この5点は、いずれも板に直接油絵で薄く描いたスケッチで、淡く煙る河口の眺めが素早い筆致でとらえられている。とくに富士見橋を臨む第4景は、川面に映る外光の輝きが紫や青、ピンクなどを使って色彩豊かに描かれている。ちなみに橋の向こうに見えるのは、当時、小説家の徳富蘆花が逗留していた旅宿柳屋と思われる。逗子は徳富蘆花の小説『不如帰』の舞台でもあり、黒田は蘆花の依頼をうけて小説の口絵を描いている。なお、この作品は白馬会第3回展には《河辺》、第10回展には《逗子の河辺(5図)》として出品されており、発表時からすでに現在のように小品5点が連作としてひとつの額に入れられていたと推察される。

作品所在地の地図

関連リンク

逗子五景チェックした作品をもとに関連する作品を探す

少女・雪子十一歳
鎌倉にて(小壷にて)
鎌倉にて(菜種)
湖畔
湖畔

黒田清輝

鎌倉にて(初更の田舎)
ページトップへ