明治小史年間紀事 宇龍港ニテ賊魁捕縛之図 めいじしょうしねんかんきじ うりゅうこうにてぞくかいほばくのず

木版画 / 明治 / 東京都 

月岡芳年 (1839~1892)
つきおかよしとし
東京都
明治9年/1876年
大判錦絵
縦37.0、横76.0(cm)
3枚続
山口県萩市大字堀内355番地
萩博物館

萩の乱で敗走し出雲宇龍港で逮捕された前原一誠らの錦絵。萩での戦闘に敗れた前原は、上京して挙兵の真意を政府や国民に訴えようとする。明治9年(1876)11月1日、同志の奥平謙輔・横山俊彦・山田頴太郎らとともに江崎港(萩市)から船に乗るが、暴風のため宇龍港(出雲市)に避難中に捕縛された。前原らは萩に送り返され、12月3日、前原ら8名は斬首、48名は懲役に処された。

作品所在地の地図

関連リンク

明治小史年間紀事 宇龍港ニテ賊魁捕縛之図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

明治小史年間紀事 兇賊暴動萩大戦之図
東京日々新聞 山口県下賊徒追討図
萩一戦録
萩一戦録

早川松山

萩の乱刑死者追悼詩書木額
文武伝 前原一角
文武伝 前原一角

鈴木年基

ページトップへ