星槎大学(旧頼城小学校)校舎 せいさだいがく(きゅうらいじょうしょうがっこう)こうしゃ

近代その他 / 昭和以降 / 北海道 

1954年
煉瓦造一部鉄筋コンクリート
延床面積4,134㎡
1棟
北海道芦別市緑泉町5番地14
学校法人国際学園
登録有形文化財

1953年に全焼した木造校舎を煉瓦造で再建。煉瓦はすべてイギリス積みで、使用総数は約70万個。一線校舎の全長が直線で107mと、煉瓦造では最長を誇る。国庫補助に頼らず、三井鉱山芦別鉱業所が従業員子弟のためにと建設費全額を負担した。1958年に41学級、児童総数2,214名と産炭地でも有数のマンモス校となったが、2002年に閉校。2004年に校舎を再活用し星槎大学が開学した。内部見学可。

作品所在地の地図

関連リンク

星槎大学(旧頼城小学校)校舎チェックした作品をもとに関連する作品を探す

星槎大学(旧頼城小学校)体育館
星槎大学(旧頼城小学校)校舎
星槎大学(旧頼城小学校)体育館
滝里遺跡群出土遺物
「高岡市定塚国民学校新校舎・奉安殿落成記念絵はがき」
「高岡市定塚国民学校新校舎・奉安殿落成記念絵はがき」

新校舎落成記念:高岡市定塚国民学校,奉安殿:定塚国民学校同窓会

ページトップへ