円空作十一面観音立像 えんくうさくじゅういちめんかんのんりつぞう

木像 / 江戸 / 北海道 

円空
えんくう
北海道
上ノ国町字上ノ国40 上ノ国観音堂
函館バス上ノ国診療所バス停から徒歩10分、上ノ国町教育委員会 0139-55-2311。
上ノ国観音堂
北海道指定有形文化財

・寛永9年(1632)に美濃(現在の岐阜県)の国で生まれた円空は、臨済宗の僧侶として、美濃飛騨、尾張(現在の愛知県)を中心に修行しながら仏像を作って歩きました。
・寛文6年(1666)に北海道に渡り、多数の仏像を作りました。これらの仏像は、いずれも初期の作品として知られています。
・現在、町内には6体の仏像が確認されています。このうち、上ノ国観音堂の十一面は150センチメートルの高さをもつ大作であり、道内にある仏像のうち唯一の十一面観音立像です。現在も、上ノ国観音講の人たちにより大切に保存され、篤い信仰を受けています。

関連リンク

  • 北海道(地方指定文化財)

円空作十一面観音立像チェックした作品をもとに関連する作品を探す

円空作仏像聖観音像
円空作観音像
木造十一面観音立像
円空作仏像薬師像
木造地蔵菩薩立像
ページトップへ