門脇家住宅(鳥取県西伯郡大山町) 主屋 かどわきけじゅうたく しゅおく

住居建築 / 江戸 / 中国・四国 

鳥取県
江戸後期/1769
桁行22.2m、梁間16.5m、寄棟造、茅葺、東面・南面及び西面庇付、
北面風呂場、東面客雪隠・土塀附属、桟瓦葺
1棟
鳥取県西伯郡大山町所子360番地
重文指定年月日:19740205
国宝指定年月日:
重要文化財

門脇家は大山の西北山麓にあり、江戸時代には大庄屋を勤めた。主屋は明和6年(1769)の建築になる寄棟造茅葺の大型民家である。土間の上手には三列九室からなる広い居室部を設ける。梁間が大きいが下屋を設けない形式で、桁行と梁行に巨大な梁が交錯する豪壮な建築である。山陰地方の民家建築を代表するものといえる。主屋の他,水車小屋・米蔵などの附属建物があって江戸時代以来の広大な屋敷構えを伝えている。

作品所在地の地図

関連リンク

門脇家住宅(鳥取県西伯郡大山町) 主屋チェックした作品をもとに関連する作品を探す

門脇家住宅(鳥取県西伯郡大山町) 米蔵
門脇家住宅(鳥取県西伯郡大山町) 新蔵
門脇家住宅(鳥取県西伯郡大山町) 水車小屋
河本家住宅(鳥取県東伯郡琴浦町) 主屋
河本家住宅(鳥取県東伯郡琴浦町) 離れ
ページトップへ