大井戸八木遺跡出土の小銅鐸及び装飾品 おおいどやぎいせきしゅつどのしょうどうたくおよびそうしょくひん

考古資料 / 弥生  古墳 / 関東 

弥生時代末期から古墳時代初頭
金属製品、石製・ガラス製玉類
別紙一覧参照
108点
君津市指定
指定年月日:20111209
君津市
有形文化財(美術工芸品)

君津市大井戸に所在する大井戸八木遺跡は、昭和63年度から平成7年度にかけて発掘調査を実施した。方形周溝墓と土坑墓より出土した小銅鐸、銅釧、鉄釧、玉類は遺物の希少価値もさることながら、副葬品としてセットで出土する事例が少なく、弥生時代末期から古墳時代初頭の君津地域の墓制を知る上で貴重な資料である。

関連リンク

  • 地方指定文化財データベース

大井戸八木遺跡出土の小銅鐸及び装飾品チェックした作品をもとに関連する作品を探す

西島松5遺跡土坑墓出土品(漆塗り装身具)
桜馬場遺跡出土遺物(平成19年度調査分)
柏木B遺跡環状土籬出土品(石棒12、玉類140)
福岡県平原方形周溝墓出土品
柏木川4遺跡土坑墓、旧河道出土品(石器1、土器5、土製品2、繊維製品6ブロック48点)
ページトップへ