山口県旧県庁舎及び県会議事堂 旧県会議事堂 やまぐちけんきゅうけんちょうしゃおよびけんかいぎじどう きゅうけんかいぎじどう

近代その他 / 大正 / 中国・四国 

山口県
大正/1916
煉瓦造、建築面積708.0m2、二階建、正面玄関ポーチ付、桟瓦葺、
正面中央塔屋付、銅板葺
1棟
山口県山口市滝町1番1号
重文指定年月日:19841228
国宝指定年月日:
山口県
重要文化財

旧県庁舎、旧県会議事堂とも煉瓦造、二階建で、腰壁・窓台などを花崗岩とする他は表面モルタル塗とし、横目地を入れて石造風にみせる。
正面車寄の独立石柱の意匠や主要室の天井装飾などにみられるように、東洋建築の形をセセッション風にアレンジして取り入れるなど、大正時代に入ってあらわれた新しい意匠傾向が窺われる。
 設計は当時国会議事堂の建設準備を進めていた大蔵省臨時建築部で、妻木頼黄部長のもとで、武田五一、大熊喜邦の二人が担当した。 明治期以後の近代建築の展開を考える上で極めて重要な建築である。

作品所在地の地図

関連リンク

山口県旧県庁舎及び県会議事堂 旧県会議事堂チェックした作品をもとに関連する作品を探す

山口県旧県庁舎及び県会議事堂 旧県庁舎
山形県旧県庁舎及び県会議事堂 旧県会議事堂
山形県旧県庁舎及び県会議事堂 旧県庁舎
山口県旧県会議事堂
山形県旧県庁舎及び県会議事堂 (山形県郷土館)
ページトップへ