旧内山家住宅主屋 きゅううちやまけじゅうたくしゅおく

その他の画像全2枚中2枚表示

住居建築 / 江戸 / 中部 

富山県
江戸/1868・1887頃・1868-1911
木造平屋建一部2階建,瓦葺,建築面積860㎡
1棟
富山県富山市宮尾903
登録年月日:19980723
富山県
登録有形文化財(建造物)

江戸末期に建てられた大規模な農家で,明治20年代末頃に南方の表座敷・書院等を,明治末年頃に東方の桜香の間等を増築して現在の姿となった。長大な部材を用いた大広間や銘木を駆使した書院等の意匠は優れ,それぞれには時代の違いがよくあらわれている。

作品所在地の地図

関連リンク

旧内山家住宅主屋チェックした作品をもとに関連する作品を探す

旧金岡家住宅主屋
旧内山家住宅井戸上屋
旧内山家住宅にわ(作業場)
旧内山家住宅茶室三入庵
里内家住宅離れ
ページトップへ