宇志比古神社本殿 うしひこじんじゃほんでん

宗教建築 / 安土・桃山 / 中国・四国 

徳島県
桃山/1599
三間社流造、銅板葺
1棟
徳島県鳴門市大麻町大谷字山田
重文指定年月日:20001204
国宝指定年月日:
宇志比古神社
重要文化財

宇志比古神社は,鳴門市の南西部に所在する。創立,沿革については明確でないが,江戸時代には八幡宮と呼ばれ,現在に至るまで地元の尊崇を集めた。明治以降,宇志比古神社を称している。
 本殿は三間社流造,銅板葺である。内外とも素木であるが,外陣内部内法長押に唐草文様を描き,内外陣境板扉には松を描く。建立年代は,棟札,細部の様式及び技法から,慶長4年(1599)と考えられる。
 宇志比古神社本殿は,規模の大きい三間社流造で,庇を板敷として両側面の切目縁に連ね,縁に段差を付けるなど,変化に富んだ特徴的な形式になる。
 装飾が少なく全体として簡素なつくりだが,蟇股や手挟,木鼻など彫刻の細部は洗練された意匠をもつ。
 徳島県下の神社建築本殿として最古例と考えられる重要な遺構である。

作品所在地の地図

関連リンク

宇志比古神社本殿チェックした作品をもとに関連する作品を探す

神門神社本殿
一宮神社本殿
都々古別神社本殿
那須神社 本殿
荒田大王神社 本殿
ページトップへ