金林寺薬師堂 こんりんじやくしどう

宗教建築 / 室町 / 中国・四国 

高知県
室町後期/1401-1500頃
桁行三間、梁間四間、一重、寄棟造、銅板葺
1棟
高知県安芸郡馬路村馬路
重文指定年月日:20020523
国宝指定年月日:
金林寺
重要文化財

金林寺は,高知県東部の山間部にあり,高野山真言宗に属する。創立は平安時代後期に遡ると考えられ,地域の信仰の拠点であった。
 桁行3間,梁間4間で,内部は外陣と内陣からなる。屋根は寄棟造,銅板葺で,建築細部は室町時代中・後期の様式をよく示している。
 内部にある厨子は,露盤天板裏面の墨書から永正15年(1518)のものと判明する。
 金林寺薬師堂は垂木を用いず板軒とする珍しい手法で,優美な外観をもち,簡素ながら檜,杉の良材を用いた上質なつくりに特徴がある。
 四国中・南部において16世紀初頭以前に遡る数少ない例として貴重であり,この地域の建築文化の成熟を示す遺構として,価値が高い。

作品所在地の地図

関連リンク

金林寺薬師堂チェックした作品をもとに関連する作品を探す

善光寺薬師堂
泉福寺仏殿
松尾寺本堂
光照寺薬師堂
豊楽寺薬師堂
ページトップへ