旧与那国家住宅 よなぐにけじゅうたく

住居建築 / 大正 / 沖縄 

沖縄県
大正/1913
桁行8.7m、梁間7.8m、寄棟造、本瓦葺、北西隅張出、寄棟造、本瓦葺
附・とーら 1棟
  鉄筋コンクリート造、桁行5.7m、梁間3.8m、寄棟造、本瓦葺、西面下屋附属、北面浴室及…
1棟
沖縄県八重山郡竹富町字竹富536番地
重文指定年月日:20071204
国宝指定年月日:
竹富町
重要文化財

旧与那国家住宅は、竹富島の東屋敷集落に所在し、主屋である「ふーや」と、台所棟である「とーら」を並べた、分棟型の住宅である。「ふーや」は沖縄地方の伝統的な間取りで、大正2年に建てられており、「ふーや」の正面には、石積の「まいやし」が建ち、宅地周囲に「ぐっく」と呼ぶ石垣を巡らせている。
 旧与那国家住宅は、「ふーや」と「とーら」を中心とする住宅の構えを良好にとどめており、また、竹富町竹富島伝統的建造物群保存地区の核となる住宅で、竹富島における近代の住居形態と生活様態を理解するうえで、高い価値がある。なお当住宅は、国内最西端の重要文化財建造物である。

作品所在地の地図

関連リンク

旧与那国家住宅チェックした作品をもとに関連する作品を探す

竹富町竹富島
旧増田家住宅 おもて
旧増田家住宅 なかえ
旧増田家住宅 石蔵
旧増田家住宅 浴室便所
ページトップへ