太刀〈銘国宗/〉 たち〈めいくにむね〉

工芸 / 鎌倉 / 中部 

国宗
愛知県
鎌倉
鎬造、庵棟、磨り上げながら腰反高く、中鋒。鍛小板目肌約り、乱映り立ち、刃文丁子に互の目交じり、小沸つき、足葉頻りに入り、表裏物打上や、出来淋しく匂口も沈む。帽子僅かに乱…
身長80.1 反り2.5 元幅3.0 先幅2.1 鋒長3.5 茎長19.1 (㎝)
1口
徳川美術館 愛知県名古屋市東区徳川町1017
重文指定年月日:19531114
国宝指定年月日:19540320
登録年月日:
公益財団法人徳川黎明会
国宝・重要文化財(美術品)

備前から相州へ移住したと伝える備前三郎国宗の作で、僅かに磨り上げてはいるが、丁子乱れを主体に互の目を交えた、同工の得意の作風を最もよく発揮した出来である。

作品所在地の地図

関連リンク

太刀〈銘国宗/〉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

太刀〈銘国宗/〉
太刀〈銘光忠/〉
太刀〈銘真守/〉
刀〈折返銘備中国住次直/〉
太刀〈銘長光(名物遠江長光)/〉
ページトップへ