太刀〈銘則国/〉 たち〈めいのりくに〉

その他の画像全3枚中3枚表示

工芸 / 鎌倉 / 近畿 

則国
京都府
鎌倉
鎬造、庵棟、小鋒、磨り上げながら腰反り、鍛小板目肌最もよく約み、地沸細かにつく。刃文細直刃調に浅く湾れ、小乱交じり、足葉入り、小沸深く、金筋頻りにかかる。帽子直ぐに小丸…
身長74.7 反り2.3 元幅2.7 先幅1.8 鋒長2.7 茎長22.3 (㎝)
1口
京都国立博物館 京都府京都市東山区茶屋町527
重文指定年月日:19340130
国宝指定年月日:19540320
登録年月日:
独立行政法人国立文化財機構
国宝・重要文化財(美術品)

粟田口派の名工則国の作。同作有銘確実のものは極めて少なく、銘振りもまた小異がある。本太刀は磨り上げているが、なお姿よく、鍛えはよくつんで精美であり、刃文は沸のよくついて匂口冴えた細直はを焼いて品格高い。出来が優れ、粟田口派の典型を示している。

作品所在地の地図

関連リンク

太刀〈銘則国/〉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

太刀〈銘国行/〉
刀〈額銘来国光切付銘埋忠磨上之/〉
太刀〈銘安家/〉
太刀〈銘則房/〉
太刀〈銘真守/〉
ページトップへ