名古屋港跳上橋(旧1・2号地間運河可動橋) なごやこうはねあげばし(きゅういち・にごうちかんうんがかどうきょう)

その他の画像全2枚中2枚表示

近代その他 / 昭和以降 / 中部 

愛知県
昭和前/1927
鋼製跳開式可動橋,橋長63.4m,幅員4.7m
1基
愛知県名古屋市港区入船1-6、千鳥2-4地先
登録年月日:19990217
名古屋港管理組合
登録有形文化財(建造物)

堀川と中川とを連絡する運河の堀川口に架けられた鉄道可動橋で,4径間の桁橋より成り,内1径間を可動桁とする。上部カウンターウエイト式の跳上橋で,可動橋の第一人者である山本卯太郎の設計製作になる。鉄道廃線後,桁を上げた状態で保存されている。

作品所在地の地図

関連リンク

名古屋港跳上橋(旧1・2号地間運河可動橋)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

勝鬨橋
旧筑後川橋梁(筑後川昇開橋)
長浜大橋
天竜浜名湖鉄道一宮川橋梁
天竜浜名湖鉄道瀬戸橋梁
ページトップへ