山田酒店(茶房長谷路)塀 やまださけてん(さぼうはせじ)へい

その他の画像全2枚中2枚表示

住居建築 / 大正 / 近畿 

奈良県
大正/1912-1925
木造、瓦葺、延長28m
1棟
奈良県桜井市初瀬857
登録年月日:20001204
登録有形文化財(建造物)

主屋に接続し,屋敷地の南側を区切る板塀。中ほどに庭門を開く。腰を縦板貼り,その上は鼠漆喰仕上げとし桟瓦を葺く。茶房座敷,茶室,庭門と同様,現所有者の祖父,山田新氏の設計になる。長谷寺の参詣路のまちなみを構成する要素として重要である。

作品所在地の地図

関連リンク

山田酒店(茶房長谷路)塀チェックした作品をもとに関連する作品を探す

山田酒店(茶房長谷路)庭門
山田酒店(茶房長谷路)茶室
山田酒店(茶房長谷路)内蔵
山田酒店(茶房長谷路)主屋
山田酒店(茶房長谷路)茶房座敷
ページトップへ