碧地透文羅裂地 へきじとうもんらきれじ

染織 / 昭和以降 

北村武資 (1935~)
きたむら たけし
平成12/2000
絹・羅
幅72.5
1反
文化庁分室(東京都台東区上野公園13-9)
国(文化庁)

 羅は、きわめて繊細な網目状の美しい絡織物で、我が国では奈良時代にその製織が盛んであった。技法は、経糸を互いに絡み、綟り合わせ、そこへ緯糸を通すもので、組織には細かな網綟と粗い籠綟、両組織や平織を組み合わせて文様を表現するものなどがある。
 本作品は、羅の基本組織である網綟と籠綟をあえて崩し、羅の特徴である透明感を強調したものである。文様は鳥の翼の連続性を意図し、鮮やかな色彩を使用して、現代の羅の創出を試みている。
 平成11年度文化庁工芸技術記録映画「羅-北村武資のわざ-」の対象作品である。

作品所在地の地図

関連リンク

碧地透文羅裂地チェックした作品をもとに関連する作品を探す

群青地透文羅裂
群青地透文羅裂

北村武資

羅

扇文尽し文経錦丸帯
綴帯 連想
綴帯 連想

細見華岳

瑞鳥唐花文螺鈿箱
ページトップへ