「江戸城本丸舞台青写真」 えどじょうほんまるのうぶたいあおじゃしん

近世以前その他  能楽 / 日本 

山崎楽堂 (1885-1944)
やまざきがくどう
青写真
1枚

建築家で能楽研究家の山崎楽堂の手による図面。幕府の大棟梁であった甲良家の資料によるものらしく、弘化2年(1845)に再建され、安政6年(1859)に焼失した本丸御殿図の能舞台とされる。楽堂は本名静太郎。東京帝国大学建築科を卒業し、法政大学教授となり、梅若能舞台、細川家能舞台、染井能楽堂の設計にも携わった。縮尺1/50。[10031-14]

作品所在地の地図

関連リンク

「江戸城本丸舞台青写真」チェックした作品をもとに関連する作品を探す

佐賀城御本丸差図
山本能楽堂及び能舞台
大槻能楽堂能舞台
早稲田大学大隈記念講堂
白山神社能舞台
ページトップへ