真宗本廟東本願寺阿弥陀堂門 しんしゅうほんびょうひがしほんがんじあみだどうもん

その他の画像全2枚中2枚表示

宗教建築 / 明治 / 近畿 

京都府
明治/1911
木造四脚門、檜皮葺、建築面積31㎡
1棟
京都府京都市下京区烏丸通七条上る二丁目常葉町754
登録年月日:20020625
宗教法人真宗大谷派
登録有形文化財(建造物)

御影堂門と同じく宗祖650年遠忌に際して建設。四脚門形式,切妻造,檜皮葺で,前後に唐破風を付ける。四脚門としては最大級の規模であるとともに頭貫木鼻や欄間に精緻な彫刻を用いて飾る。御影堂門南に並んで建ち,壮大な伽藍の正面構成上欠かせない建物。

作品所在地の地図

関連リンク

真宗本廟東本願寺阿弥陀堂門チェックした作品をもとに関連する作品を探す

真宗本廟東本願寺菊の門
真宗本廟東本願寺阿弥陀堂
真宗本廟東本願寺御影堂門北側築地塀
真宗本廟東本願寺御影堂門
真宗本廟東本願寺鐘楼
ページトップへ