石崎八幡神社の鰐口 いしざきはちまんじんじゃのわにぐち

その他 / 室町 / 北海道 

平氏盛阿弥
北海道
室町時代
青銅製
直径17.7㎝、厚さ6.3㎝
1
市立函館博物館 函館市青柳町17番1号
市電青柳町駅から徒歩5分、市立函館博物館 0138-23-5480
函館市
北海道指定有形文化財

・文化10年(1813)頃に、石崎村脇ノ沢(現在の函館市石崎町)旧山神社地から掘り出され、石崎神社前に懸けられていた、直径17.7㎝、厚さ6.3㎝の青銅製の鰐口です。
・鰐口の表面は、周縁を二重の陽鋳線で縁取り、その内側は三重線の圏界線により、外区(銘帯)、内区、撞座区とに区画されています。このうち外区には「奉寄進夷嶋脇澤山神御寶前施主平氏盛阿弥敬白 永享十一年三月日」の銘があり、永享11年(1439)に平氏盛阿弥という人物により、脇ノ沢山神社に寄進されたものであることを物語っています。和人が北海道へ渡った記録としては、嘉吉3年(1443)の安東盛季の渡道が最古のものとされ、それ以前のものは未確認となっています。
・この鰐口は本州地方で製作されたものと推定され、交易によるものかどうかは不明であるが、すでに永享年間当時の北海道において、和人が活動していた様子を知る上で貴重な金石文の資料です。

関連リンク

石崎八幡神社の鰐口チェックした作品をもとに関連する作品を探す

日ノ浜遺跡出土の動物土偶
樽岸出土の石器
刀銘源正雄
刀銘源正雄

源正雄(鈴木次郎)

住吉町遺跡出土の遺物
明暦二年銘銅鰐口
ページトップへ